管理機・ティラー・耕うん機市場


管理機・ティラー・耕うん機市場

■主要参入企業


本田技研工業(株)、(株)クボタ、ヤンマー(株)、三菱農機(株)、井関農機、その他

■市場規模(2009暦年)


国内:162,000台
輸出:23,100台

■商品特性


管理機、ティラー、耕うん機は、総称して歩行トラクターといい、管理機が小型、ティラーが中型、耕うん機が大型タイプに分類される。但し、管理機は、パーソナル需要、ホビー需要かつプロ需要に対応しており、商品タイプがミニティラー、小型管理機、大型管理機、一輪管理機、ロータリー専用機、その他に細分化されている。

■マーケットシェア


国内市場は、ホンダがトップシェアを確保し、2位以下はクボタ、ヤンマー、三菱農機、井関農機の農機大手4社が続く。


※調査の詳細に関する問い合わせは、右記のフォームまたは電話番号までお気軽にご連絡ください。

※最新版をミニレポートして販売しております。


ご相談・お問い合わせ

担当: 太田代(おおたしろ) ご相談・お問い合わせ担当の太田代と申します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6304-2660

受付時間 平日 10:00 - 17:00

マーケットレポートご購入の流れ