日本国内におけるバイナリー発電事業の現状と将来展望


日本国内におけるバイナリー発電事業の現状と将来展望

■調査の内容


当調査は日本国内のバイナリー発電事業の現状と展望を明らかにする為に、以下の3段階で調査作業を実施した。
1.バイナリー発電事業に関連する関連省庁、関連団体、関連企業を調査することにより、市場全体の実態を明確にする。(オープンデータの収集をメインに一部電話取材を実施)
2.バイナリー発電施設の生産・販売メーカーを調査することにより、当該分野における技術動向、研究開発動向や事業展開の方向性を明確にする。(メーカーの担当者に対する直接訪問面談取材を実施)
3.バイナリー発電施設を導入済みもしくは導入の可能性があるユーザーを調査することにより、購買要因、使用状況、ニーズ状況等々を明らかにし、将来においてバイナリー発電の導入が進むと予想される業種・業態やそれらにニーズを明確にする。(ユーザー企業の担当者に対する直接訪問面談取材を実施)

注)2012年3月下旬の新聞報道によれば、経済産業省は2012年4月にも小型バイナリー発電の規制を緩和する方針を発表。当該発電は今後、普及が進む可能性が高い。

※調査の詳細に関するお問い合わせは、右記のフォームまたは電話番号までお気軽にご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ

担当: 太田代(おおたしろ) ご相談・お問い合わせ担当の太田代と申します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6304-2660

受付時間 平日 10:00 - 17:00

マーケットレポートご購入の流れ