オールテレーンクレーンに関する市場調査


オールテレーンクレーンに関する市場調査

JMCでは、オールテレーンクレーンに関する市場調査を実施している。
その内容は、日本市場動向、日系メーカーの輸出状況、輸入機の販売動向、日本国内におけるルート別販売状況、世界市場規模等々である。

なお、オールテレーンクレーンは、トラッククレーンの高速走行とラフテレーンクレーンの不整地走行を合せ持った前後輪駆動、前後輪操向を可能にした専用キャリアを有し、各種のステアリングモードでの方向変換に優れるのが大きな特徴となっている。一方、車両重量を緩和するため、多軸方式が採用されている。この方式は主に大型クレーンで生かされ、下部走行体と上部旋回体を分割して輸送することができる。走行は下部走行体の運転室で行い、クレーン作業は上部旋回体の運転室で行う。最大吊り上げ荷重は、最小で100t、最大550tである。最大550tクラス機種の定価は11億円(実勢価格5~6億円)で日本一高い車両となっている。

※調査の詳細に関するお問い合わせは、右記のフォームまたは電話番号までお気軽にご連絡ください。

※最新版をミニレポートとして販売しております。

2015.01.07 10:09 土木建設機械関連


ご相談・お問い合わせ

担当: 太田代(おおたしろ) ご相談・お問い合わせ担当の太田代と申します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6304-2660

受付時間 平日 10:00 - 17:00

マーケットレポートご購入の流れ