ロードローラ市場調査


ロードローラ市場調査

当調査では、日本国内におけるロードローラの市場動向を調査した。その結果、トップメーカーが60%オーバーの占有率であった。
ロードローラ(マカダム式)は、車輪(鉄輪)を三輪車形に配置している締め固める機械である。19世紀初頭のスコットランドの技術者ジョン・ロウドン・マカダム(John LoudonMcAdam)が考案した舗装用道路(マカダム式舗装、砕石舗装)に使用したことでマカダム式と命名された。主に路床・路盤およびアスファルト舗装の締固めなどに使用されている。
なお、ロードローラは、マカダム式、タイヤ式、振動式に分類され、当該項目機種は正式にはマカダム式ロードローラの名称である。しかし、タイヤ式ロードローラがタイヤローラ、振動式ロードローラが振動ローラとの商品名で早くに定着し、残ったマカダム式ロードローラが、マカダムローラではなくロードローラとの商品名で定着した。
※調査の詳細に関するお問い合わせは、右記のフォームまたは電話番号までお気軽にご連絡ください。

2015.09.01 16:52 土木建設機械関連


ご相談・お問い合わせ

担当: 太田代(おおたしろ) ご相談・お問い合わせ担当の太田代と申します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6304-2660

受付時間 平日 10:00 - 17:00

マーケットレポートご購入の流れ